株式会社や合同会社などの会社設立、開業資金・創業融資のご相談は行政書士赤沼慎太郎まで

融資形態の種類

一口に融資と言っても融資形態には様々な形態があります。

代表例として次のような融資形態があります。

 

証書貸付

証書貸付とは、「金銭消費貸借契約書」という書類に署名、押印して銀行からお金を借りるという、つまり証書(契約書)を交わして融資してもらう形態です。

主に、返済期間が1年以上の長期資金を借入れ(長期融資)するときによく使われる方法です。

 

手形貸付

手形貸付とは、銀行専用手形(借入れのための手形)を担保に借入れをする方法です。

主に返済期間が1年以内の短期の借入れ(短期融資)に使われます。

 

商業手形割引

商業手形割引とは、借用証書の代わりに、所有している手形を担保に入れて銀行から借入れをする融資形態です。

手形の期日が来る前に現金化することが出来るというメリットがあります。

商業手形割引は銀行としても、担保として受けた手形の取立てにより資金を返済してもらうことができるため、銀行にとって普通の融資よりリスクが少ないという メリットがあります。

 

当座貸越

当座貸越とは、設定された融資の限度額(極度)までは、自由に資金を借りたり返したりできる融資形態です。

貸越限度内であればいつでも借りることができます。

当座貸越は、余程利益が出てている内容の良い企業か売上の規模が大きくて且つ財務内容の良い企業でなければ審査が通らず、利用は難しいといえます。

 

以上が、代表的な銀行融資の形態です。

銀行によって対応はまちまちですが、証書貸付の場合は1年以上の長期貸付の場合が多く、手形貸付の場合は1年以内の短期貸付の場合が多いです。

 

★創業資金の調達に関して詳しく知りたい方はこちら!★

ご相談はこちらから!⇒お問合せフォーム

無料レポート
【起業準備のためのデータ集】

起業準備者様の気になっている情報が満載です!
起業準備中の方は、ぜひお早めにご請求下さい!!

詳しくはこちら

無料レポート
【起業家のための創業資金調達方法】

創業者が取るべき資金調達の最適な手段を!
創業資金の調達をお考えの方は、お早めにご請求下さい!!

詳しくはこちら

【日本政策金融公庫を活用した創業資金調達マニュアル】

創業の第1番目の関門である創業のための資金調達を成功に導くノウハウをお伝えします!

詳しくはこちら


お客様の声

取材・講演受付

リンク集

士業リンク集

銀行リンク集

個人情報保護方針

特定商取引に関する法律(旧訪問販売法)に基づく表示

■赤沼慎太郎の著書


【運営】
行政書士
赤沼法務事務所
代表 赤沼 慎太郎

事務所概要


【メルマガ紹介】

『起業準備~創業3年目までの会社経営のコツ』
起業を考えている方から起業後3年目くらいまでの創業期の経営者様必見!!
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

携帯メルマガ
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by ミニまぐ!
 
INDEX