株式会社や合同会社などの会社設立、開業資金・創業融資のご相談は行政書士赤沼慎太郎まで

創業資金の調達方法

開業、創業時の金融機関からの資金調達の手段は限られています。

ほとんどの銀行は、まだ、開業していない会社または、開業したての会社やお店、つまり実績のない会社やお店にはなかなか融資をしてくれることはありません。

担保や保証人を用意することが出来る方は別として、
それらを用意できない方が融資を得る方法は、、、

 

 

以上の2つしかない!

と言っても過言ではないです。

銀行からの融資も無くはないですがかなり難しいというのが現実です。
また、ノンバンクからの借入れという方法もありますが利息が高いのでそもそも資金の少ない創業期には向かないでしょうし、後々リスクがある可能性もあります。


以上の、結論から担保も保証人も用意できない創業者が融資を受けるためには、上記の「日本政策金融公庫からの融資」と「都道府県等の制度融資」の2通りの手段しかないと考えてよいでしょう。

上記2つの方法ががなぜ創業者にとって唯一の方法かと言いますと、詳しくは、日本政策金融公庫のページを見てもらうとして、どちらも、ある要件に合えば、無担保、無保証人で融資をしてくれるからです。

国民生活金融公庫からの創業資金の調達に関して詳しく知りたい方は『日本政策金融公庫を活用した創業資金調達マニュアル』 をどうぞ!

 

銀行に差し入れる担保も資金力を持つ保証人もそう簡単に用意できるものではありません。

特に、これから創業しようとしていて融資を受けたいと思っている方でそれを用意できる人は、ほとんどいません。

しかし、上記2通りの方法ならばそれが必要ないのです。

利用しない手はありませんよね。

 

ただし、この要件にあてはまるために一番ネックになるのが自己資金です。
自己資金がなければ、日本政策金融公庫も制度融資による融資も担保や保証人を用意できない創業者にはよほどのことがない限り融資してくれません。

結局、創業するためにはある程度の資金を自分の力で貯めなければいけないという、お金がないから創業のための融資を受けたいのにどこか矛盾を感じる制度でもあります。

とにかく、最低でも創業のために必要な資金の3分の1は自己資金として貯めることを心がけてください。

逆に言えば、自己資金さえある程度用意できれば、創業融資は案外思ったとおりに引き出すことが出来るとも言えます。もちろん、事業計画と資金計画をしっかり作りこむ必要はあります。

創業資金の調達に関して詳しく知りたい方はこちら!
起業、創業資金の調達方法

≪無料レポートのご紹介≫
無料レポート【起業準備のためのデータ集】   無料レポート【起業家のための正しい創業資金調達方法】

 

創業資金調達相談はこちら⇒お問い合わせフォーム

幣事務所は、創業資金の調達のお手伝いを得意としている事務所です。
日本政策金融公庫への融資申し込みの際の書類作成のお手伝いなど資金調達のサポートをさせていただいております。

創業資金の調達には、自己資金の有無のほかに事業計画書、資金計画書の説得力がカギとなります。弊事務所はお客様と一緒に説得力のある資料作りを行います。多くの案件を経験し、調達実績をもとにしたアドバイスにより、調達をスムーズに行えるようお手伝い致します。

どこでどうやって融資を受ければよいのか分からない方や開業準備が忙しくてそんな時間がない!という方、ご相談下さい!

創業資金調達相談はこちらからどうぞ!

無料レポート
【起業準備のためのデータ集】

起業準備者様の気になっている情報が満載です!
起業準備中の方は、ぜひお早めにご請求下さい!!

詳しくはこちら

無料レポート
【起業家のための創業資金調達方法】

創業者が取るべき資金調達の最適な手段を!
創業資金の調達をお考えの方は、お早めにご請求下さい!!

詳しくはこちら

【日本政策金融公庫を活用した創業資金調達マニュアル】

創業の第1番目の関門である創業のための資金調達を成功に導くノウハウをお伝えします!

詳しくはこちら


お客様の声

取材・講演受付

リンク集

士業リンク集

銀行リンク集

個人情報保護方針

特定商取引に関する法律(旧訪問販売法)に基づく表示

■赤沼慎太郎の著書


【運営】
行政書士
赤沼法務事務所
代表 赤沼 慎太郎

事務所概要


【メルマガ紹介】

『起業準備~創業3年目までの会社経営のコツ』
起業を考えている方から起業後3年目くらいまでの創業期の経営者様必見!!
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

携帯メルマガ
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by ミニまぐ!
 
INDEX