株式会社や合同会社などの会社設立、開業資金・創業融資のご相談は行政書士赤沼慎太郎まで

事業年度の設定

事業年度とは、決算期をいつにするかと言うことです。3月末決算であれば4月1日から3月31日の1年が事業年度となります。

1年以内であれば期間設定は自由ですが、一般的には1年単位で設定することが多いです。

先にも言ったとおり、事業年度は決算期の決定となりますので、いつ決算を行うかと言うことにも気をつけて設定すると良いです。
3月決算の会社は非常に多いです。
また、12月決算の会社も同様に多く、さらに12月は、個人事業主の方の1年間の締めの月となります。

つまり、この時期は税理士さんが非常に忙しい時期となるのです。
下手したら「やっつけ仕事」で作業されることもあるかもしれません。(そんなことは無いとは思いますが。。。)

だったら、税理士さんが比較的暇になる時期に自社の決算期を設定した方が自社の決算を丁寧にやってくれるかもしれませんよね。これも一つの工夫です。

また、決算期は社長や経理担当者も帳簿の確認などバタバタと忙しくなります。自社の繁忙期とかぶってしまったら大変だと思いませんか?

ですから、自社の繁忙期を避けて決算期を設定することも考えた方が良いです。

最後に注意したいのは、決算の作業が忙しいのは、決算月ではなくどちらかと言うと、その2ヵ月後の決算申告月です。3月決算の会社ならば5月が申告月となりますので、3月よりも5月の方が忙しくなります。

一番タイミングの良いと思われる2ヶ月前が決算月になるように事業年度を設定しましょう。

 

ご相談はこちらから!⇒お問合せフォーム

〔ご案内〕
幣事務所では、ただ会社設立の手続きをお手伝いするのみではなく、お客様が会社を設立した後、スムーズに事業運営できるようアドバイスをさせていただきながら、創業の支援を行います。
法人の設立から営業許可等の許認可の取得手続き、創業のための資金調達のサポートなど、起業のための準備から起業後の財務のサポート、経営のためのアドバイスなどワンストップでトータルサポートをさせていただいております。これからビジネスを立ち上げたいという方、お気軽にご相談下さい。

無料レポート
【起業準備のためのデータ集】

起業準備者様の気になっている情報が満載です!
起業準備中の方は、ぜひお早めにご請求下さい!!

詳しくはこちら

無料レポート
【起業家のための創業資金調達方法】

創業者が取るべき資金調達の最適な手段を!
創業資金の調達をお考えの方は、お早めにご請求下さい!!

詳しくはこちら

【日本政策金融公庫を活用した創業資金調達マニュアル】

創業の第1番目の関門である創業のための資金調達を成功に導くノウハウをお伝えします!

詳しくはこちら


お客様の声

取材・講演受付

リンク集

士業リンク集

銀行リンク集

個人情報保護方針

特定商取引に関する法律(旧訪問販売法)に基づく表示

■赤沼慎太郎の著書


【運営】
行政書士
赤沼法務事務所
代表 赤沼 慎太郎

事務所概要


【メルマガ紹介】

『起業準備~創業3年目までの会社経営のコツ』
起業を考えている方から起業後3年目くらいまでの創業期の経営者様必見!!
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

携帯メルマガ
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by ミニまぐ!
 
INDEX