株式会社や合同会社などの会社設立、開業資金・創業融資のご相談は行政書士赤沼慎太郎まで

合同会社のメリット・デメリット

 

★メリット★

有限責任である

同じグループの「持分会社」である合名会社・合資会社は、無限責任が原則でした、しかし新たに作られた合同会社は持分会社でありながら、出資社員の全員が有限責任となっています。

 

利益配分が自由

合同会社には株式会社のように株主平等原則がありませんので、定款に定めれば、利益配分の比率は自由に設定できます。

そのため、アイデアやノウハウなど能力はあるが、資金力が無く出資はあまりできないという方も定款の定め方次第で多くの利益配分を受けることが可能となります。

今までも存在していた合名会社も、そういうメリットがありましたが、「無限責任」などがネックとなって、あまり普及しませんでした。

 

設立コストが安い

株式会社の設立には必ず必要な定款の認証が合同会社の場合、不要のため公証人の手数料が必要ありませんし、登録免許税も株式会社は最低でも15万円かかるのに対し、6万円と低くなっています。

 

意思決定が迅速にできる

株式会社は、重要な事項について、株主総会の決議が必要になるなど、会社の意思決定までに一連の手続きが必要になるなど手続きが煩雑になります。これに対して合同会社の場合には、このような手続は必要でなく、迅速な意思決定が可能になります。

 

 

▼デメリット▼

認知度が低い

日本では、株式会社の認知度、信用度が高く、合名会社・合資会社は社会的な認知度が低いため、信用度が比例して低いという状態にあります。新たに作られた「合同会社」は、欧米ではLLCとして広く認知され、株式会社と同じくらいメジャーですが、日本ではまだ実績が無いこともあり、認知度、信用度がまだまだ低いというのが現実です。

 

人的信頼関係が崩れると大変

合同会社は、利益の配分を自由に定める事が出来たり、会社の内部組織を、定款で自由に定めることができるというメリットがある反面、社員(共同経営者)同士が対立してしまった場合、「意思決定は原則として社員全員の同意」ということになっているため、トラブルになってしまうことが予想される。

もちろん、1人で設立した場合は、このような問題はありません。

 

ご相談はこちらから!⇒お問合せフォーム

〔ご案内〕
幣事務所では、ただ会社設立の手続きをお手伝いするのみではなく、お客様が会社を設立した後、スムーズに事業運営できるようアドバイスをさせていただきながら、創業の支援を行います。
法人の設立から営業許可等の許認可の取得手続き、創業のための資金調達のサポートなど、起業のための準備から起業後の財務のサポート、経営のためのアドバイスなどワンストップでトータルサポートをさせていただいております。これからビジネスを立ち上げたいという方、お気軽にご相談下さい。

 

無料レポート
【起業準備のためのデータ集】

起業準備者様の気になっている情報が満載です!
起業準備中の方は、ぜひお早めにご請求下さい!!

詳しくはこちら

無料レポート
【起業家のための創業資金調達方法】

創業者が取るべき資金調達の最適な手段を!
創業資金の調達をお考えの方は、お早めにご請求下さい!!

詳しくはこちら

【日本政策金融公庫を活用した創業資金調達マニュアル】

創業の第1番目の関門である創業のための資金調達を成功に導くノウハウをお伝えします!

詳しくはこちら


お客様の声

取材・講演受付

リンク集

士業リンク集

銀行リンク集

個人情報保護方針

特定商取引に関する法律(旧訪問販売法)に基づく表示

■赤沼慎太郎の著書


【運営】
行政書士
赤沼法務事務所
代表 赤沼 慎太郎

事務所概要


【メルマガ紹介】

『起業準備~創業3年目までの会社経営のコツ』
起業を考えている方から起業後3年目くらいまでの創業期の経営者様必見!!
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

携帯メルマガ
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by ミニまぐ!
 
INDEX