株式会社や合同会社などの会社設立、開業資金・創業融資のご相談は行政書士赤沼慎太郎まで

合同会社設立の流れ(詳細説明)

設立の為の基本事項の決定

商号、本店所在地、目的、社員、出資金についてなどを決めます。

定款の作成

合同会社は定款自治が広く認められており、社員(出資者)の間で会社独自の、自分達に合った組織を作れるということが一つの特色です。
組織作りの自由度が高いからこそ、定款作成は重要となってくると言えます。

合同会社の定款作成する上で、絶対的記載事項と相対的記載事項、任意的記載事項があります。これは、株式会社と同様の点です。

絶対的記載事項

絶対的記載事項とは、その名の通り必ず定款に記載しなければならない事項です。内容は以下の通りになります。

・商号 ・目的 ・本店所在地 ・社員の氏名(名称)及び住所
・社員の全員が有限責任社員である旨
・社員の出資の目的(有限責任社員は、金銭等に限る)およびその価額又は、評価の基準

相対的記載事項

相対的記載事項とは、決めたことを実際に効力を発揮させるために記載する事項です。

任意的記載事項

任意的記載事項とは、特に定款に記載しなくとも問題ないですが、しておいた方が便利だったり、運営がスムーズにいくと言うような事項です。

資本金の払込み

金融機関に出資金の払い込みをします。

有限責任社員は、金銭等による出資に限られており、労務、信用による出資は出来ません。

出資の方法は、代表者個人の名義の口座に、各社員が出資金を振込む形で行います。

振込みが済んだら、その口座の通帳をコピーし、払込み証明書を作成して、重ねてホチキスで綴じます。

設立登記申請

本店所在地を管轄する法務局に登記の申請をします。

登記のための登録免許税は6万円かかります。

添付書類の定款には、4万円分の収入印紙を貼ります。

登記の申請には、登記申請書と添付書類(定款・代表社員、本店所在地、及び資本金決定書・代表社員の就任承諾書・払込みがあったこと証する書面・資本金の額の計上に関する証明書・印鑑証明書)を法務局に提出します。

 

 

ご相談はこちらから!⇒お問合せフォーム

〔ご案内〕
幣事務所では、ただ会社設立の手続きをお手伝いするのみではなく、お客様が会社を設立した後、スムーズに事業運営できるようアドバイスをさせていただきながら、創業の支援を行います。
法人の設立から営業許可等の許認可の取得手続き、創業のための資金調達のサポートなど、起業のための準備から起業後の財務のサポート、経営のためのアドバイスなどワンストップでトータルサポートをさせていただいております。これからビジネスを立ち上げたいという方、お気軽にご相談下さい。

無料レポート
【起業準備のためのデータ集】

起業準備者様の気になっている情報が満載です!
起業準備中の方は、ぜひお早めにご請求下さい!!

詳しくはこちら

無料レポート
【起業家のための創業資金調達方法】

創業者が取るべき資金調達の最適な手段を!
創業資金の調達をお考えの方は、お早めにご請求下さい!!

詳しくはこちら

【日本政策金融公庫を活用した創業資金調達マニュアル】

創業の第1番目の関門である創業のための資金調達を成功に導くノウハウをお伝えします!

詳しくはこちら


お客様の声

取材・講演受付

リンク集

士業リンク集

銀行リンク集

個人情報保護方針

特定商取引に関する法律(旧訪問販売法)に基づく表示

■赤沼慎太郎の著書


【運営】
行政書士
赤沼法務事務所
代表 赤沼 慎太郎

事務所概要


【メルマガ紹介】

『起業準備~創業3年目までの会社経営のコツ』
起業を考えている方から起業後3年目くらいまでの創業期の経営者様必見!!
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

携帯メルマガ
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by ミニまぐ!
 
INDEX