株式会社や合同会社などの会社設立、開業資金・創業融資のご相談は行政書士赤沼慎太郎まで

銀行融資の種類

一口に銀行融資と言っても、銀行融資には多くの種類があります。

一般的な銀行融資としては、次のようなものがあります。

 

プロパー融資

信用保証協会などの保証を付けずに、銀行独自の融資として貸し付ける融資です。

多くの場合、銀行は中小企業に融資をする際は、信用保証協会の保証を付けて融資します。

それは、万が一、債務者である企業が返済することができなくなった時でも信用保証協会が代位弁済してくれるので、貸した銀行にとってリスクがほとんどなく融資をすることが出来るからです。

しかし、プロパー融資とは、その信用保証協会などの保証を付けない銀行が直接リスクを負う融資なので、ある程度の付き合いがあって信用関係が築けている企業、業績の良い企業じゃないと難しいと言えます。

 

ビジネスローン

3,4年ほど前に登場した、スピード審査型の新しい融資です。

中小企業向けの無担保事業者ローンの通称で「ビジネスローン」と呼ばれることが多いです。実際には、各金融機関ごとに呼び名が違います。

ビジネスローンの特徴としては、担保、保証人が不要であるという点と、審査が完全にコンピューター化され、基本的に決算書の内容のみで融資の可否が決まります。また、審査がコンピューター化されているので、結果が出るのも3営業日程度など通常の銀行融資などに比べて大幅に早いと言う点があります。

その反面、ビジネスローンは、金利の設定が通常の銀行融資よりも高めに設定されています。

 

信用保証協会付融資

中小零細企業が活用している銀行融資という、とほとんどのケースでこの形で貸出しが行われています。

業暦が浅い、決算の内容が芳しくない、保証人の資産背景が弱い、などの理由からプロパー融資(信用貸付)が受けられない企業が、信用保証協会に銀行や信用金庫などの金融機関に対して信用を保証してもらい、融資してもらうという形態です。

信用保証協会付融資の流れは、銀行や信用金庫などの金融機関から資金調達したい時に、信用保証協会に保証の申込みを行います。
申込みをすると、信用保証協会がその企業の財務内容などを審査して、保証しても良いかどうかを判断します。
信用保証協会の審査をパスすれば、信用保証協会が「保証人」となり、金融機関から融資を受けるができるということになります。

よく誤解されている方がいますが、実際にお金を貸してくれるのはあくまでも銀行や信用金庫などの金融機関です。信用保証協会が融資をするわけではありません。 信用保証協会は、あくまでも融資を受ける企業の「信用保証」をする立場です。

信用保証協会とは

 

不動産担保融資

不動産担保融資とは、所有している不動産を担保に金融機関から融資を受ける借入れ形態です。

所有している不動産を担保にすることで金融機関から高額の融資を受けることが可能になります。

まとまった資金が必要な場合や不動産の購入の時にその購入物件を担保にするなどして利用されることが多いです。

金利も無担保融資に比べ低金利となります。

 

売掛債権担保融資

売掛債権担保融資とは、融資を希望する企業の売掛金や受取手形などの売掛債権を担保に行う融資形態のことです。

売掛債権を売却するファクタリングとは異なり、売掛債権は債務者(融資を受けた企業)が保有したままです。

 

★創業資金の調達に関して詳しく知りたい方はこちら!★

ご相談はこちらから!⇒お問合せフォーム

無料レポート
【起業準備のためのデータ集】

起業準備者様の気になっている情報が満載です!
起業準備中の方は、ぜひお早めにご請求下さい!!

詳しくはこちら

無料レポート
【起業家のための創業資金調達方法】

創業者が取るべき資金調達の最適な手段を!
創業資金の調達をお考えの方は、お早めにご請求下さい!!

詳しくはこちら

【日本政策金融公庫を活用した創業資金調達マニュアル】

創業の第1番目の関門である創業のための資金調達を成功に導くノウハウをお伝えします!

詳しくはこちら


お客様の声

取材・講演受付

リンク集

士業リンク集

銀行リンク集

個人情報保護方針

特定商取引に関する法律(旧訪問販売法)に基づく表示

■赤沼慎太郎の著書


【運営】
行政書士
赤沼法務事務所
代表 赤沼 慎太郎

事務所概要


【メルマガ紹介】

『起業準備~創業3年目までの会社経営のコツ』
起業を考えている方から起業後3年目くらいまでの創業期の経営者様必見!!
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

携帯メルマガ
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by ミニまぐ!
 
INDEX